こんこん

斉藤康次(こんす)です。良い感じの水彩の人物画を描くためのブログ。

人物写生会展

田無駅から徒歩三分の文化交流センター「きらっと」で人物写生会が開催されている。写真とり忘れてしまった。


毎年開催していて、自分は去年から観に行っている。
しかし自分にしては珍しく、田無駅からの道のりを妙に覚えていて(逆に南口の風景をしっかりと覚えていたので、改札でて北口の風景を最初に目にした時完全に降りる駅間違えたと思った。あんな感じだったっけ?)、どうも観にくるの3回目な気がするけれど、そうなると一昨年から来てることになるし、そんな前から来てただろうか、考えたら来てたような気がする、でもワールドカップも毎年やってるような気がするしなあ…と自分の時間感覚を信じれなくなっていたのだけど、友画会展という展覧会を含めて3回来ていただけだった。思い出すのに一時間ほどかかった。


どうでもいい前置きはさておき、この展覧会は徳田明子さんを通して知った。徳田さんのワークショップに行かせて頂いたのがきっかけで、それ以来個展などされていたら観に行っている。
ワークショップで魔法のように顔のデッサンと着彩が出来上がっていくのが見てからファンなのだけど、今回は徳田さんの作品だけでなく様々な方の作品が展示されている。水彩の人物画が多いのが嬉しいところ。


今回橋本一雄さんの作品が個人的には印象に残った。「鉄線」の骨太な絵から「Iの見ているもの」の肖像画や可愛い犬まで幅広く描かれていて観ていて楽しかった。やっぱり人物画が好きなので「Iの見ているもの」が好きだった。


前回から覚えていたのが守田篤博さん。
ドライブラシが印象的で、紙の目の凹部に色を染み込ませたような背景テクスチャなど技巧が凄い。「パン・ド・バロック」が特に好き。


徳田さんの作品は「まなざし」が新作で頬のハッチングが印象的。珍しいかなと思ったけれど、F100「夜桜幻夢」でもされていた。水彩でタッチを残して描くのは自分はなかなか出来なくて、徳田さんの絵はしっかりとタッチを残して形をとっていて凄いなあと毎度思う。


他にも安斎こずえさんの「ジヴェルニーの庭」や今澤哲さんのギミック絵画(?)「退屈な昼下がり」など目を奪う作品がとても多かった。
人物写生会展は明日、日曜日まで。