こんこん

斉藤康次(こんす)です。良い感じの水彩の人物画を描くためのブログ。

水彩美人画展

もう終わってしまったけど記録用に。
先週の土曜日松屋銀座で開催されていた水彩美人画展に行ってきた。

普段は見れない画家の水彩の人物画が多く観れた。
自分が多く観ているからだけなのかもしれないけれど、水彩の人物画を観る機会が少し増えているような気がする。
描き手がたくさんいるけど需要がないのか、需要がないからあまり描かれないのか分からないけれど、もっと広まればいいなと思う。

個人的に好きだったのはいくつかあって、
松林淳さんの逆さ寝ポーズのインソムニアや、面取りの勉強になる大友義博さんの麦わら帽子の女性。
それに今回松江理恵さんの作品を初めて観た。
人物に薄い色で重ねなられた陰影が綺麗だった。
あと徳田明子さんの彼女が目醒めるとき。
Facebookでは魅力的と書いたけれど、(まあこっちは誰も見ないと思うので書くけど)正直凄く官能的だった。
まあ意図してのことではないだろうし、そういう方向で観られるのもあまりだとは思うけれど。

今回は松江理恵さんを知れたのと徳田さんの作品が個人的には印象的だった。
来年も形を変えてやるかもとのことなので、楽しみ。