こんこん

斉藤康次(こんす)です。良い感じの水彩の人物画を描くためのブログ。

しょて

デッサン会行ってきた。四時間半くらい。

f:id:konkons:20181216160857j:plain

初手の筆さばきが全然ダメだった。
色を強く置こうとしたけど、変な滲みかたをして失敗→洗い流す、の繰り返し。
筆の大きさが良くなかったのかもしれない。水を含みすぎてたからもう少し小さい筆を使えば多少は上手くいったのかも。


赤みと青みを同時においていったのだけど、変な滲みかたするなら単色のほうがいいのかなあ、とも思ったけど、多分筆運びが間違ってるんだろう。
赤を強めにおいて、青を強めにおいて、間の余白を適当に埋めて、ということをやってるから紙の上の水が動きすぎて変な滲みを作ってる気がする。


極力波紋を建てないような色の置き方が良いような気がする。ある程度のところは加筆で修正できるし、逆に言えば加筆で修正出来ないほど強く色を置くのは違うのかも。


今回ドライブラシは部分的には上手くいった。
先生に馬毛の筆を使えば?と言われて使ってみたら大分いい感じに。


この角度は凄い描きやすい難易度の低い構図だと思うので、もう少し以前より成長しても良かったような気はする。
まあ継続ですな。来月絵画教室休むけど。