こんこん

斉藤康次(こんす)です。良い感じの水彩の人物画を描くためのブログ。

絵画教室とデッサン会

大分遅くなったけれど先々週の日曜と先週の土曜の。水彩はこの2枚で10枚目。
まずは先々週の日曜のデッサン会から。

f:id:konkons:20190418064022j:plain

はじめてデッサン会を休まず出て描いたもので、二時間半×6ポーズ。実際はモデルさんの休憩除くと二時間×6。まあ描いたのは12時間強くらい。
いつもこの休憩の時間を含めて書いたらいいのかどうか悩む。
休憩の間は描いたり描かなかったりなので。

それはともかく、作品としては時間をかけた分まあまあな仕上がりにはなった。と思う。
失敗は最初の一層目で身体のパーツを分けて塗ってしまったので、なんだかバキバキになってしまっている。特に肩や胸まわり。
この辺まず全体の流れをつくってからグラデーションを濃くしていかないと違和感しかない。

あと指が描けない。もう練習するしかない。

これ下描きだけで4時間かかってるので、普通はもう少し早く描けるはず。次はさらに完成度があがるといいけれど。


次に先週の土曜の絵画教室。

f:id:konkons:20190418065345j:plain

これは一コマ減って二時間半×5ポーズ。
こっちもそれなりの密度が出たけれど、講評では顔はここで終わるのはもったいないとのこと。
まだまだ手を加えるところがあったみたいで、その完成形が見えるようになるまでまだ時間かかりそう。
次は顔中心に描きたいけれど、どうかなあ。
これを描いてる間にアンドリュー・ワイエス展に行って、ドライブラシをしたくなったので申し訳程度にバックに茶色を入れてみた。人物を引き立てる効果はあったと思うので、良かったのではないかと。
他にも水を垂らしてみたりバックランをしようとしたりしてみたけれど、薄くてあまり変わらない。
この辺も練習しないとなあ…。

アンドリュー・ワイエス展はブログにも書こうと思って時間かかって頓挫してるし、家で1枚描こうと思って、体力と精神力がなくて頓挫してる。
その影響でブログの更新も何かと遅れてる。
まあ遅れたところで困るのは自分だけなのだけど、やることやらないとどんどん絵から遠ざかってしまってまた苦しむことになるので、なんとか引き戻さないといけない…。